インスタグラム
Facebook
ジャム
top
bottom
画像
お問い合わせ

秘密のこだわり

「ホンモノの食パン」に合う極上のジャムを作りたく、素材と製法にこだわっています。
 それは果物と砂糖と火。
「果物」から「ジャム」に仕立てる過程は、
火によって、新たな生命力を引き出していきます。
素材と真正面からとことん納得いくまで向き合っています。

イメージ写真

秘密の美味しさ

果物は、季節によって、天候によって、土地によって、その年々によって
味わいも香りも変わります。
「ホンモノの食パン」をさらに極上にする為
その年々にベストな果物を選定し、こだわりぬいた製法によって
最高の美味しさに辿り着きました。

イメージ写真

季節のジャム

パッションパインジャム

パッションパインジャム
「パッションパインジャム」
パッションフルーツの種が入った爽やかな酸味のジャム。
味と食感の両方をお楽しみ下さい。
1,473円(税抜)

金柑マーマレードジャム

柑マーマレードジャム
「金柑マーマレードジャム」
大人にピッタリのジャム。
金柑特有の甘みとほろ苦さ、酸味を是非、お楽しみ下さい。
¥1,276円(税抜)

蜜柑まるごとジャム

金柑マーマレードジャム
「蜜柑まるごとジャム」
香り、瑞々しさ、甘み、食感
全てがバランスよく調和された蜜柑を まるごと使った贅沢なジャムです。
1,178円(税抜)

あまおうジャム

あまおうジャム
「あまおうジャム」 人気No.1のイチゴジャム
あまおうの旨みと甘みと香り
全てをひとつの瓶に詰め込みました。
1,473円(税抜)

ジャムができるまで

出来上がりまで約5時間。その間、まるで生きモノのように、パンの表情は変化していきます。やさしく、そっと触れるように、寄り添いながら、食パンをつくります。

1 下ごしらえ

1 下ごしらえ 下ごしらえイメージ2

へたを落とす。白い部分は残さずに、ナイフで一つひとつ、手作業で落としていきます。

2 脱水させる

2 脱水させる

イチゴを軽く洗浄してほこりを落とし、軽く濡れた状態で砂糖をまぶしかけます。素材の容量の約半量のビートグラニュー糖を。数時間から一晩常温で置きます。この工程によって、イチゴから浸透圧で脱水させます。ゆるゆるとした質感ではなく、「果実感」を出すための大切な下ごしらえです。

3 加熱する

3 加熱する

十分に脱水されたら、一切水を足さずに、火にかけます。砂糖が溶けるまでは焦げ付かないよう、軽く鍋をゆする。イチゴにキズが入らないよう、できるだけヘラを入れないようにします。砂糖が溶けてイチゴから水が出始めたら、焦げない範囲で強火にする。コトコトと煮るのではなく、あくまでも、強火。全く鍋から目を離すことはできません。真剣勝負が続きます。

4 アクを取る

4 アクを取る アクを取るイメージ2 アクを取るイメージ3 アクを取るイメージ4 アクを取るイメージ5

強気の強火。可能な限り強火で加熱すると、一気に水分が出てきます。火を弱めずに加熱して、アクを徹底的にレードルで掬いながら取っていきます。

5 シロップを煮詰める

5 シロップを煮詰める

イチゴから抜け出した色やエキスと砂糖の混合したシロップが出来上がってきます。このシロップを鍋肌で熱し続ける。カラメル化の寸前をキープしながら、シロップを煮詰めていきます。

6 仕上げ

6 仕上げ

シロップが煮詰まっていき、苺の紅色が濃くなっていきます。糖度(甘さの目安)も上がって来たら、火を弱めます。中火で加熱し続けて、糖度60前後で火を止めます。この時、イチゴに紅色が戻っていき、綺麗な紅色のジャムに仕上がります。

7 完成

7 完成

濃厚にまで、引き出した甘みと旨みは、パンに乗せたときの「美味しさ」を基準にしています。
ジャム単体で食べても、もちろん美味しいのですが、特に、バターを乗せた、バタートーストにジャムを乗せると「最高の美味しさ」が完成します!ぜひ、トーストした食パンに、バターとジャムをたっぷりのせて、極上の「果実感」を味わってみてください。